乳酸菌革命について

乳酸菌革命はいつ飲むのがいいの?理想のタイミングを考えてみる

この記事では、「乳酸菌革命」を飲む理想のタイミングについて紹介しています。

結論から言いますと

「乳酸菌革命」はいつ飲んでも大丈夫、と公式が見解を示しています。

しかし、乳酸菌自体には飲むタイミングがあることも事実です

効果を感じたいから理想のタイミングが知りたい!

という方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、乳酸菌を飲む理想のタイミングや腸のゴールデンタイムについても紹介していきます。

まずは、乳酸菌を飲む理想のタイミングについて紹介します!

乳酸菌は胃酸に弱いので食後が理想らしい

胃酸はph1~2ほどの強い酸でして、外部から入ってくる菌の殺菌や食べ物の消化の役割があります。

しかし、乳酸菌も言ってしまえば外部からの菌なので胃酸によって死んでしまうみたいです。

これらの乳酸菌やビフィズス菌が入っているヨーグルトや乳酸菌飲料は、商品名や成分表示を見て選べばよい。さらに、その効果を十分に発揮させるには、とるタイミングが重要だ。「乳酸菌や、特にビフィズス菌は、胃酸に弱い。だから、胃酸が薄まり影響を受けにくい食後にとるとよい」と齋藤教授はアドバイスする。
引用元:ヘルスUP 健康づくり

そこで、食後であれば食べ物と胃酸が混ざり合って胃酸のph値が下がって弱くなり、乳酸菌が生きたまま腸にたどり着く可能性が高くなります。

腸のゴールデンタイムを活用する

実は、腸の活動にもTVみたいに「ゴールデンタイム」が存在します。

その時間は夜中の22時~2時の間です。

人間の腸は寝ている間に活動して翌朝の排便の準備をしています。

この時間帯に乳酸菌を摂って善玉菌を活性化させることで、ゴールデンタイムの後押しができるみたいです。

これまでの情報をまとめると、食後、もしくは夜中の22時頃に乳酸菌を摂取するのが良さげですね。

乳酸菌革命はいつ飲んでもOKと公式が言及している

さて、「乳酸菌革命」はいつ摂取するのが理想的なのでしょうか?

公式サイトでは下記のように言及しています。

「乳酸菌革命」は食品ですので、基本的にいつお摂りいただいてもかまいません。
乳酸菌革命|公式|sunmillion-ikiki.jp

どのタイミングで摂ってもいいのは嬉しいですね!

また、「乳酸菌革命」は効果が出やすいように色々と工夫もしているようです。

乳酸菌革命は胃酸に強く作られている

「乳酸菌革命」が乳酸菌を生きたまま腸に届けるために行っている工夫は2点あります。

1.耐久性に優れた「有胞子乳酸菌」

2.耐酸性カプセルを採用

それぞれ説明していきます。

1.耐久性に優れた「有胞子乳酸菌」

「有胞子乳酸菌」は、耐熱性に優れた強い乳酸菌でして、胃や十二指腸で死ぬことなく腸にまで辿りるける非常にパワフルな乳酸菌です。

2.耐酸性カプセルを採用
前述したとおり、乳酸菌は酸に弱いので胃酸や小腸の胆汁によって死滅してしまいます。

そこで、耐酸性のカプセルで乳酸菌を包むことによって、乳酸菌を生きたまま腸に届けられる可能性が高くなっています。

これだけ酸への耐久性があれば安心してサプリを飲むことができそうです。

まとめ

最後に記事の内容をまとめておきます。

・乳酸菌は胃酸に弱い
・胃酸が弱まる食後に飲むと効果的
・22時~2時は腸のゴールデンタイム
・「乳酸菌革命」はいつ飲んでも大丈夫
・「乳酸菌革命」には「有胞子乳酸菌」と耐酸性カプセルが採用

上記の情報から、「乳酸菌革命」を飲むタイムングはいつでもいいですが「食後」や「腸のゴールデンタイム」に摂取してみるのも良いかもしれませんね!

乳酸菌と人に相性があるように、飲むタイミングも人によって相性が異なると思います。

それぞれ試してみて、一番効果のあったタイミングを見つけることができればベストだと思います。