未分類

乳酸菌革命を飲むとお腹が張る?お腹が張る理由と解決方法を紹介!

この記事では、「乳酸菌革命」を飲むことで起こるお腹の張りとその解決方法について紹介していきます。

「乳酸菌革命」だけに限らず、乳酸菌サプリを飲んでいる方の口コミに「お腹が張る」というものを見かけることが多いです。

そこで今回はこんな疑問をお持ちの方におすすめの記事となっております。

乳酸菌革命を飲んだらお腹が張ったのが気になる…
お腹が張るという口コミを見たけど本当はどうなの?
お腹の張りを治したい

結論から先に書きますね。

・乳酸菌革命でお腹が張るのは”食物繊維”が原因の可能性が高い
・解決するには”食物繊維”の量を減らすといい

まずは、一般的に言われている「お腹の張り」の原因について説明します。

そもそもお腹が張る理由は3つある

お腹が張る理由が大きく分けて3つあることはご存知でしょうか?

お腹が張る理由
  • 腸内細菌が作ったガス
  • ガスを排出する機能の低下
  • 空気を飲み込みすぎる呑気症(どんきしょう)

それぞれ説明していきます。

1.腸内細菌が作ったガス
食物繊維を多く含む食べ物やサプリを多くとることによってガスがたまります。

ガスがたまる原因は下記の通り。

一方、腸内で発生するガスは腸内細菌が作り出す。小腸で吸収されない食物繊維などは大腸に移動して腸内細菌のエサになり、細菌が分解する過程でガスが出る。
引用元:https://style.nikkei.com/article/DGXKZO10439730Y6A201C1W13001/

食物繊維もとりすぎると体には毒になることに驚きですよね。

2.ガスを排出する機能の低下
ストレスや胃腸炎等で胃腸の運動機能が低下することによって、腸内のガスが外に出ずに溜まっていきお腹が張る感じを覚えます。

また、便秘が続くことによってもガスが腸に溜まってしまいます。

3.空気を飲み込みすぎる呑気症(どんきしょう)
飲んだり食べたりする時に多少なりとも空気を口から取り込みますよね。

それだけなら問題ないのですが、呑気症(どんきしょう)の方は日常生活の中で無意識にたくさん空気を取り込んでしまいます。

そうやって、知らないうちに大量の空気を身体に入れて胃や腸に空気がたまり、お腹が張ることになるのです。

乳酸菌革命を飲んでお腹が張る理由

「乳酸菌革命」にはイヌリンと難消化性デキストリンという2つの食物繊維が入っています。

このことから、下記のような方は「乳酸菌革命」を飲むとお腹が張ってしまうかもしれません。

・普段から食物繊維を多く摂ってる方
・普段から食物繊維を全く摂ってない方

食物繊維を多く摂ってる方の場合、食物繊維の摂りすぎが原因になっている可能性があります。

食物繊維を全く摂っていない方は、急に多量の食物繊維を摂ることによって身体が処理し切れていない可能性があります。

お腹の張りは食生活を見直すか「乳酸菌革命」を飲む量を調節しよう

「乳酸菌革命」を飲むことによるお腹の張りの原因は分かりましたが、どうやって解決すればいいのでしょうか?

・食物繊維を普段から多く摂っている方の場合
普段の食生活を見直してみましょう。

具体的には、食物繊維を多く含む食べ物を減らすことが大事になってきます。

下記に食物繊維が多く含まれる書品をまとめてみましたので、これらを参考に食事を考えてみてください。

・穀類
玄米
胚芽米
麦めし
とうもろこし
・豆類
煮豆(大豆、うずら豆、あずき)
納豆
おから
・芋類
さつまいも
里いも
こんにゃく
・野菜
ごぼう
ふき
セロリ
アスパラガス
・青菜類
キャベツ
白菜
・果物
柑橘類(みかん、グレープフルーツなど)
バナナ
・うり類
きのこ類
きのこ類
しいたけ
しめじ
えのき
・海藻類
わかめ
寒天
ところ天

・食物繊維を普段からあまり摂れていなかった方の場合
「乳酸菌革命」を飲む量を調節して徐々に体をなれさせる方法をオススメします。

例えば、一日1粒ずつから始めて2週間飲んでみる。

体に以上がなければ次は2粒にしてみる。

といった具合で体を慣れさせていきましょう。

まとめ

「乳酸菌革命」を飲んでお腹が張る理由とその解決方法について説明させていただきました。

最後に記事の内容をまとめておきます。

内容のまとめ
  • お腹が張る理由は3つあり、その中の一つに食物繊維の過剰摂取が当てはまる
  • 乳酸菌革命には食物繊維が含まれている事が原因の可能性が高い
  • 解決方法は食物繊維が含まれている食べ物を減らすか乳酸菌革命を飲む量を減らす

せっかくお金を出してサプリを飲んでいるのだからどうせなら良い効果だけ感じていたいですよね。

お腹の張りは”食物繊維”の量を減らすことで改善できますのでぜひ試してみてくださいね。